木村 登 勇。 木村登勇

木村登勇プロフィール

勇 木村 登

どこかで見た気がするので、調べてみると自分はホールで彼を一度見ていたようだ。 もちろん、ここに挙げた幹部以外の方にも、凄い人たちがたくさんいた。 国内ランカーを見渡しても彼に一度は敗れた名前ばかりで新鮮味はすでにない。

11
日本王座の2階級制覇となった。 これ以降は担当トレーナーである金昌龍の指導を受けた。

絶対王者、木村登勇V11! (1.19後楽園ホール) : ボクシングストレートレポート(ボクレポ)

勇 木村 登

負けた試合でも相手を存分に苦しめ、決して自身の評価を落とす内容ではなかった。 2002年3月9日、で行われた世界戦のアンダーでに0-3の判定負けを喫し、初防衛に失敗して王座を失った。

8
加茂田組でも別格の人だった。 この笑顔を世界戦のリングで見れたなら、どんなに素敵なことだろう… 皆さんの木村登勇選手に関する文章を募集しています。

絶対王者、木村登勇V11! (1.19後楽園ホール) : ボクシングストレートレポート(ボクレポ)

勇 木村 登

ジムの先輩で同郷のがWBA世界同級王座から陥落し、引退を表明してから5か月後であった。

12
過去に日本王座を5度も防衛した実績から木村の不利が予想されていた。 試合直前には東洋挑戦、世界再挑戦の他にへの転向など新たな挑戦への意向も示していたが、4月15日、自身の公式応援掲示板でを表明。

木村登勇

勇 木村 登

7月4日、でが行われた。

6
同年5月3日には山本大五郎に5RTKO勝利を収めて再び4戦連続KO防衛に成功し、記録を12に延ばした。 そのときに「元気か」と声をかけていただいたのが最後となった。

木村登勇

勇 木村 登

1998年11月16日、の持つ日本王座に挑戦し、判定負けを喫した。

1
日本王座2階級制覇 [編集 ] ライト級獲得 2001年12月8日、湯場が返上して空位となった日本ライト級王座をと決定戦で争い、判定勝利を収めて王座を獲得した。 偉そうな言い方で恐縮だが、非の打ち所がない若頭だったと思う。

史上最大の抗争「山一抗争」を戦った、加茂田組・伝説の幹部たちの素顔

勇 木村 登

この挑戦は日本王座を保持したまま行われ、・により、9月15日開催のとともに、日本ボクシング中継史上最大となる3時間放送の中で伝えられた。 4戦連続KO防衛後の2006年11月18日、飯田幸司を迎えての8度目の防衛戦では2度のダウンを奪い3-0の判定勝利を収めた。 お愛想が言えないだけなのです。

色の白い長身と長い手足、距離感も抜群で大崩れしない。 若武者に期待していた観客にとってスリルのない試合となってしまった。

木村登勇とは

勇 木村 登

重心は中心からやや後方に感じられ、 腰の上だけがぐにゃりと動くような不思議なスウェー、 無理と思われるような角度からの左右のフック。 そんなことを自分なりに考えながらパンチを出しているんです。 木村登勇さんの性格は・・・ 1人の時間を大切にする個性派。

3
2009年4月4日、14度目の防衛戦でに判定負けを喫し、5年間にわたり10KOを含む13勝で守った王座を失った。