相鉄 線 海老名 駅 時刻 表。 三ツ境駅(相鉄本線 海老名・大和方面)の時刻表

三ツ境駅(相鉄本線 海老名・大和方面)の時刻表

時刻 駅 線 相鉄 表 海老名

36分• - 保土ヶ谷 - 西横浜間の貨物線が営業線として開通。 当駅始発• 当初は保土ケ谷駅に乗り入れる予定であったが、最終的には起点になった。

5
2019年11月30日ダイヤ改正時点の運行概要についていずみ野線系統、本線系統、JR線直通系統・羽沢横浜国大発着系統の4つに分けて以下に示す。 終日に渡って、二俣川駅において本線といずみ野線の緩急接続と本線同士の特急・急行と各停の緩急接続、西谷駅で新横浜線方面の列車と横浜発着の列車と緩急接続が行われている。

相鉄本線

時刻 駅 線 相鉄 表 海老名

[各停] や• 2019年11月30日ダイヤ改正では、新たに西谷駅が停車駅となった。 [各停] 海• 分かれていく路線はかつての貨物線のである。 当駅始発• 横浜行• 『私鉄史ハンドブック』電気車研究会、1995年12月20日、第2刷、78頁。

[各停] 海• 1900 - :通勤急行(本線系統)• 1本目のみ二俣川駅で直通特急の待ち合わせ、5本目のみいずみ野線いずみ野駅で通勤特急の待ち合わせを行い、星川駅で本線各停かいずみ野線各停を追い抜く。 [急行] 海• 09:43 発 10:10 着• 新線開通前に「特急」を導入へ 2009年9月16日付読売新聞• 通勤特急・通勤急行・直通線系統は10両編成のみが使用され、それ以外の種別は10両編成と8両編成の両方が使用される。

相鉄本線

時刻 駅 線 相鉄 表 海老名

西横浜を出て北西にカーブしながらJR線と分かれて高架橋に上がっていくと、に入りすぐに2面2線の高架駅 へ到着する。 - 横浜 - 西横浜間複線化。 か:かしわ台. これまでいずみ野線直通列車のみ運行されていたが、2014年ダイヤ改正では本線の急行を快速に格下げするという形で初の本線海老名駅発着列車が設定 、またいずみ野線直通列車は特急に格上げされている(いずれも日中時間帯のみ)。

17
駅付近にの延伸構想があるが、進展は見られていない。 の路盤と上り勾配で高さを稼ぎながら南側のに取り付くと となる。

さがみ野駅(相鉄本線 海老名・かしわ台方面)の時刻表

時刻 駅 線 相鉄 表 海老名

2015年5月10日閲覧。 相鉄線内は全列車が海老名駅発着の運転であり、相鉄線内での途中駅発着の列車はない。 07:10 発 07:44 着• 日中のダイヤパターンが、平日は20分サイクル、土休日は30分サイクルになり、各駅の毎時の出発時刻を統一。

[各停] 海• また、線路からは見えないが数百メートル離れて(八王子街道)が並走を始めている。

海老名駅のバス時刻表とバス停地図|相鉄バス|路線バス情報

時刻 駅 線 相鉄 表 海老名

10:06 発 10:47 着• の下をくぐり に到着する。 (大正15年) - 神中鉄道により二俣川 - 厚木間開業。 新宿発着の列車は毎時2本設定され、特急と各停1本ずつ運転されている。

11
下表の他、期間限定で臨時に停車駅が変更となっている場合がある。

瀬谷駅 時刻表|相鉄本線 海老名方面 休日|電車 時刻表|駅探

時刻 駅 線 相鉄 表 海老名

過去の列車種別 準急・おかいもの電車 1957年(昭和32年)2月20日に上り列車、1958年(昭和33年)11月20日に下り列車が運行開始。 なおこの編成の旧塗装での運転終了2日前の写真である。

もともとは1957年から1964年にかけて朝や夕方ラッシュ時間帯に運転を開始したを基にし、徐々に運転本数・運転時間帯を拡大し、後述の快速が設定されるまで唯一の主力種別であった。