竹 取 物語 現代 語 訳。 楽天ブックス: 新版 竹取物語 現代語訳付き

『竹取物語』「なよ竹のかぐや姫」の現代語訳と重要な品詞の解説1

訳 竹 語 取 現代 物語

もつともえ知らざりけり。 』 2段落 おじいさんがかぐや姫を家に連れて帰ります。 竹取の 翁 おきな 、竹を取るに、この子を見つけてのちに竹取るに、節を隔ててよごとに金ある竹を見つくること重なりぬ。

『竹取物語』は、 『竹取翁の物語』や 『かぐや姫の物語』と呼ばれることもあります。

『竹取物語』「なよ竹のかぐや姫」の現代語訳と重要な品詞の解説2

訳 竹 語 取 現代 物語

[現代語訳] 今ではもう昔のお話ですが、竹取の翁と呼ばれるお爺さんがいました。 ~』の部分の原文・現代語訳(意訳)を記しています。

あなたたちを見捨てて帰ることは、帰る途中の空から落ちてしまうほどにつらいことですよ。 4 使ひけり ハ行四段動詞「使ふ」の連用形+過去の助動詞「けり」の終止形。

『竹取物語』の原文・現代語訳1

訳 竹 語 取 現代 物語

使いとして房子を派遣し、房子は嫗にかぐや姫と対面させるよう迫るが、再三の説得にも関わらず、ことごとく拒絶される。

12
中納言は喜んで、大勢の人にはその取り方を知らせないで、密かに食糧管理の役所に出かけていって、家来の男たちに交じって、昼も夜も構わずに子安貝を取ろうとしていた。

『竹取物語』の原文・現代語訳19

訳 竹 語 取 現代 物語

このウェブページでは、『かかるほどに、男ども六人連ねて~』の部分の原文・現代語訳(意訳)を記しています。 中川浩文『竹取物語の国語学的研究 中川浩文論文集 上巻』1985年 pp. (翁は)「どうして悲しいのにお見送り申し上げようか。 『竹取物語』の原文・現代語訳1(現在位置) [古文・原文] 今は昔、竹取の翁 おきな といふ者有りけり。

1
夜になると例の5人が集まって、或る者は笛を吹き、或る者は和歌を詠い、或る者は唱歌し、或る者は口笛を吹き、扇を鳴らしたりしていた。

『竹取物語』「なよ竹のかぐや姫」の現代語訳と重要な品詞の解説1

訳 竹 語 取 現代 物語

しかし、10世紀の『大和物語』『うつほ物語』『源氏物語』、11世紀の『栄花物語』『狭衣物語』などに『竹取物語』への言及が見られることから、10世紀頃までには既に物語が作られていたと考えられます。 そのうちに、志の無い者は来なくなっていった。 [現代語訳] 日が暮れたので、中納言は食糧管理の役所に出かけて、柱を見てみると、確かに燕が巣を作っている。

1
名を、さかきの 造 みやつこ と言った。

竹取物語[かぐや姫](原文・現代語訳:全巻)

訳 竹 語 取 現代 物語

」と言う。 」と言うと、意気込んでいた造麻呂も、何かに酔った気分になって、うつ伏せに伏した。 腹の立つようなことがあっても、この子を見ると和やかな気持ちになっていました。

10
参考文献 『竹取物語(全)』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),室伏信助『新装・竹取物語』(角川ソフィア文庫),阪倉篤義 『竹取物語』(岩波文庫) スポンサーリンク [古文・原文] 中納言、倉津麻呂にのたまはく、『燕(つばくらめ)は、いかなる時にか子産むと知りて、人をば上ぐべき』とのたまふ。

「竹取物語:天の羽衣・かぐや姫の昇天〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

訳 竹 語 取 現代 物語

かぐや姫、『もの知らぬことなのたまひそ』とて、いみじく静かに、朝廷(おほやけ)に御文奉り給ふ。 ここでは「夜に這い回る」を語源とする新解釈を創作している。 御使ひ帰り参りて、翁のありさま申して、奏しつる事ども申すを、聞こしめして、のたまふ、『一目見給ひし御心にだに忘れ給はぬに、明け暮れ見馴れたるかぐや姫をやりて、いかが思ふべき』 [現代語訳] このこと(かぐや姫が月に帰るということ)を帝もお聞きになられて、竹取の翁の屋敷へと使者を遣わした。

日が落ちると、滑り出すように屋敷を出て行ってしまった。 罪の限り果てぬれば、かく迎ふるを、翁は泣き嘆く。

なよ竹のかぐや姫(竹取物語):現代語訳とくわしい解説(解説動画付き)・・・井出進学塾〔富士宮教材開発〕|井出進学塾(富士宮教材開発)公式ブログ|note

訳 竹 語 取 現代 物語

』と言って手紙を書いた。

15
大高康正、「富士山縁起と「浅間御本地」」、『中世の寺社縁起と参詣』、竹林舎、2013年• 参考文献 『竹取物語(全)』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),室伏信助『新装・竹取物語』(角川ソフィア文庫),阪倉篤義 『竹取物語』(岩波文庫) 楽天広告• コメントなど、いただけると、とてもうれしいです。 見るからに、病人のようになった大納言は、家来の前でかぐや姫を誹謗中傷したが、かぐや姫と結婚するために離縁した妻や世間の見る目は厳しく、物笑いの種となるのであった。

『竹取物語』の原文・現代語訳1

訳 竹 語 取 現代 物語

これを見て翁がかぐや姫に「仏のように大切なわが子よ、変化の者 とはいえ翁も七十となり今日とも明日とも知れない。 中納言喜び給ひて、よろづの人にも知らせ給はで、みそかに寮(つかさ)にいまして、男(をのこ)どもの中に交じりて、夜を昼になして取らしめ給ふ。

14
そのまま、中納言は八島の鼎の上に真っ逆さまに落ちてしまったのである。