アレ を 倒し て しまっ て も 構わ ん の だ ろう。 別に倒してしまっても、構わんのだろう?

6位

倒し の しまっ ろう も だ て て アレ 構わ を ん

アライアンス・レンジャージャケットは腕周りのデザインもうるさ過ぎず適度に凝っていて、肘の部分が2色に分かれているところがとてもオシャレです。 ブルッっとキターッ! ・あぁ 駄目だ アーチャー 最高!! ・興奮しすぎて叫んでしまった ・シビれた…カッコ良すぎ! ・大胆不敵だった為 ・絶望の中の最初の光明となってくれました。

9
震えたし。

別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?の元ネタ

倒し の しまっ ろう も だ て て アレ 構わ を ん

しかし、結果的には負けてしまうため死亡フラグの一つとして扱われている。 その一言に奮起した凜は一時戦略的撤退。 この台詞とかっこいいポーズをセットで思い出してしまう -- 名無しさん 2015-02-17 20:13:40• -- 名無しさん 2018-03-15 13:53:07• その直前にセイバーは1人でアーチャーと互角に戦ったを鎧袖一触している。

8
効果は1ターンだけなので倍率も結構高めに設定されているようです。 一言であそこまで空気を変えてくれるとは… ・アーチャーさん、かっこよすぎです ・この台詞でアーチャーに惚れた。

6位

倒し の しまっ ろう も だ て て アレ 構わ を ん

パッチ4. これわろた -- 名無しさん 2014-10-13 10:42:24• この部分のパーツ分け、デザイン的にはとてもイイ感じなだけに非常に惜しいです。

4
・とにかくかっこいい ・普通に一番かっこいい ・本当は場面自体好きなんですけど、やはりこれに集約されるし、これの方が投票多いし…(爆 ・アーチャーかっこいいっす ・読んだ瞬間にキター!と叫んだ。

別に倒してしまっても、構わんのだろう?

倒し の しまっ ろう も だ て て アレ 構わ を ん

最強のサーヴァントの一角であるバーサーカーを前にして、アーチャーはマスターである凛から時間稼ぎを命じられる。 最後の部分要るこれ?どのアニメのセリフでもTPO弁えないと白い眼で見られるのは共通では…?アンチが多いとかも初めて聞いたし -- 名無しさん 2018-03-01 01:32:16• これのどこが名言なのかが全く分からん。 ところで何でタイトルに『アレ』が入ってないの? -- 名無しさん 2014-10-13 11:43:42• まともな項目になってるのな -- 名無しさん 2013-12-13 22:43:38• 腕を下ろしてるといい感じなんですが、少しでも曲げるとグチャってなってしまう。

6
・シビレるぜアーチャー ・アーチャー初の魅せ場 ・アーチャーの背中がすごくかっこいい。 アーチャーも似たようなことができるが天の鎖の有無はかなり大きい。

「別に、アレを倒してしまってもかまわんのだろう?」

倒し の しまっ ろう も だ て て アレ 構わ を ん

がつんと痛い目にあわせてやって、アーチャー」 アーチャー「そうか。 6位 6位 【76票】 「ああ。

19
更に『Bランク以下の攻撃は通用しない』『12回殺さないと死なない』『一度ダメージを受けた攻撃には防御力3倍』という、 作中屈指の『十二の試練』を持つことを知る。

別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?の元ネタ

倒し の しまっ ろう も だ て て アレ 構わ を ん

リセット後のトークン集めで運良く手に入りました、アライアンス・レンジャージャケット。 というより「召喚された夜のうちには現状を把握していた」とされてるので普通に十二の試練の詳細も、戦えば死ぬことも知っていた。 序盤に士郎とセイバーの2人を相手して、腕力のみで半殺しどころか9割分ずつくらい殺している。

2
部位 ミラプリ 染色 耳 サイオンズリベレーター・イヤリング 無し 胴 アライアンス・レンジャージャケット ダラガブレッド 手 ネイルチップ ローズピンク 脚 紅蓮祭小袴 ジェットブラック 足 アエドサイブーツ 無し お腹部分はソフトレザーのような質感のパーツに分かれているんですが、背面から見るとコルセット様なのが分かります。 ・とは互に戦った。

Fateアーチャー「別にあれを倒してしまっても構わんのだろう?」という...

倒し の しまっ ろう も だ て て アレ 構わ を ん

「ああ。 一見してコルセットには見えず、全体のシルエットもスリムですね。 『十二回自動リレイズするけど、敵の最大HPを越えた分だけ蘇生後のHPを削れる』って感じかねぇ -- 名無しさん 2013-09-23 19:39:00•。

11
「ああ。 級の攻撃しか通じない上に、一度受けた攻撃には防御上昇、 そしてその中で12回殺さないと倒せない という的なまでに戦差があるのを相手にして、 自身も勝てるとは思っておらず、時間稼ぎが関の山だろうという所であった。