佐藤 食肉。 会社情報|株式会社サトウフーズ

会社情報

食肉 佐藤

緑・赤・青の3色はそれぞれ「自然」「太陽」「水」を表し、豊かな自然で育った新鮮な食材をお届けすること、そして「命」をいただくことへの感謝の気持ちがこの3色に込められています。

20
各分野の専門家たちがアイディアと技術を持ち寄り、食の匠が作り上げた自慢の国産ブランド牛は大きな反響を呼んでいる。

会社情報

食肉 佐藤

そんな中、自社商品を作ろうと地元企業と連携し、「あがの姫牛」「純白のビアンカ」など様々な商品を開発している。

また、私たち佐藤株式会社にとって、太陽は「お客様」も意味しています。

【佐藤広国さん(佐藤食肉 常務取締役)】「佐藤食肉」をもっと多くの方に知ってもらえる商品を作る

食肉 佐藤

町のお肉屋さんとして親しまれながら年々事業を拡大し、現在では全国のスーパーや有名レストランにお肉を提供。 こうした取り組みの中で、自身の精通した食肉とマーケティングの知識をもとに様々な商品企画を打ち出し、阿賀野市の地場企業とともに阿賀野市の魅力を全国に広く発信していく。 実際にお客さんの声を聞いて商品を作り、その商品を「おいしかったよ」と言ってくれるのがとても好きでしたね。

3
Copyright c 2013- Sato Shokusenkan All Rights Reserved. 佐藤食肉さんの手掛ける 「純白のビアンカ」は、 乳酸菌たっぷりの「ホエイ」をエサに育てたブランド豚です。 「生産者本意にならぬよう、最終的に食べる人の気持ちを第一に考えている」と消費者のことを一番に考え、熱い思いで仕事に取り組んでいる。

【新潟直送計画】あがの姫牛

食肉 佐藤

肉のプロフェッショナルとして妥協を許さず、安心・安全への強いこだわりを持つことで、自信をもって良質なお肉を阿賀野市から全国へ届けている。 歯切れの良い赤身の旨みも合わさって 深みのある味わいが堪能できます。

20
1期間 平成29年7月1日~平成34年6月30日 2内容 目標1:産前・産後休業や育児休業、育児休業給付など諸制度についてパンフレットを従業員に配布し、制度の周知を図る。 肉質の柔らかいメス牛のみを飼育• 我が佐藤食肉を中心としたサトウグループは各セクションの製造体質を十分に生かし、 常に共同体で取り組みことにより、あらゆるライフスタイルの変化に柔軟に対応できる 商品開発力・生産技術力を積み重ねてきました。

【新潟直送計画】豚ばらつるし焼豚

食肉 佐藤

その後、修行のつもりで東京の食肉市場で3年程働いていました。 私が小学生の頃は商店街があり、そこで昭和28年から佐藤精肉店という名前でスタートしました。 また、 ビール粕は赤身の甘みや旨みを引き出すため、噛むほどに美味しさが広がります。

ご連絡は商品到着日・並びに翌日以内にお願い致します。 【佐藤食肉直営店】 住所:新潟県阿賀野市荒屋88番地3 電話:0250-62-2149 営業時間:9:00~17:30. 店舗詳細 店舗名称 株式会社 佐藤食肉 住所 新潟県阿賀野市荒屋88-3 アクセス 今が食べ頃! 季節の オススメ商品• 佐藤さん:今の時代だからこそ、協業することによってマイナス点がプラスに転用できて、より強くなるのであれば協業した方が良いと思います。

株式会社佐藤食肉(新潟県阿賀野市)の企業情報詳細

食肉 佐藤

一生懸命仕事をしている従業員の家族が佐藤食肉のことを知らないということに少し悔しさを感じましたね。 なにより家族にその声が届くというのが一番大きいです。 企業理念 「S」のマークをあしらった佐藤株式会社のシンボルマーク。

18
さっそく一口いただきます。

株式会社佐藤食肉店舗

食肉 佐藤

お届けについて• また、佐藤食肉本社が昭和28年の創業からの皆様と一緒に築いてきた礎とこれまでの伝統を受け継ぎ、感謝と謙虚さを忘れず、皆さまにご満足いただける会社を目指してまいります。 会社情報• お店の看板には「肉の佐藤」と書いてあって商店街にあるようなお肉屋さんだったんです。 主に自社商品のマーケティングや商品企画、販路拡大、広報活動を担当し、幅広く活躍している。

19
そこから昭和63年に今年7月にオープンした直売店の場所に工場を引越しました。

【新潟直送計画】純白のビアンカ(豚バラ肉・豚ロース肉・トマホーク)

食肉 佐藤

新潟県新発田市に本社を置く、佐藤食肉のグループ会社として独立した部門として 設立され、本社の実績を継承しながら新しいタイプの製造分野として活躍してまいり ました。 2年間営業に回り、お客さんも増えました。

6
10 お客様へ 年末年始の営業時間、店休日を下記のとおりとさせていただきます。 こうした取り組みの中で、自身の精通した食肉とマーケティングの知識をもとに様々な商品企画を打ち出し、阿賀野市の地場企業とともに阿賀野市の魅力を全国に広く発信していく。